バリュエーション

M&Aにおける買収価格や統合比率は、当事者間の交渉により決定されるものですが、株主等の利害関係者に対する説明責任を全うするため、経営者は買収価格の妥当性の検討を行う必要があります。
第三者の算定期間である当社が、適切な株価評価手法に基づき対象企業の価値を算定することで、取締役の適切な意思決定をサポートいたします。

評価対象企業・事業の特性を反映したバリュエーション

バリュエーションを行う上では、算定目的や対象会社の状況等を検討し、適切な算定手法を採用することが重要です。
一定の算定手法に則った機械的な価値算定ではなく、個別の企業環境や取引条件等の分析を行うことで、合理性の高い価値算定業務を提供致します。
val_scoping

算定アプローチ

一般的に、株式価値算定のアプローチは以下の3つに分類されます。
評価対象企業の状況に応じた適切な算定手法の選択により、適切な価値算定を実施致します。
val_approach

デュー・デリジェンスの実施による詳細な分析

デュー・デリジェンスにおいて、運転資本や主要資産・負債の内容を把握することで、必要手元資金や余剰資産、負債類似項目を明らかにし算定結果の精度を高めることが可能となります。
また、事業計画分析や設備投資・損益計算書分析により対象会社の損益状況を把握することで、算定の前提となる事業計画の妥当性について効果的な助言をご提供いたします。